すごい音楽

音楽ネタ中心

SEKAI NO OWARI「Tree」を聴いてーそれはまるで一晩の出来事のようだった

http://instagram.com/p/x3nke2hmkb/

SEKAI NO OWARIのニューアルバム「Tree」、いいですよ。まあファンだから、いいですよ、って言っちゃうの当然みたいなとこありますけどやっぱりいいです。サウンド的には皆さんが抱いている「バンド」の感じからはかけ離れている感じはあるので、こんなの違うとか昔の方がよかったとか思う人もいるかもですが…(かく言うわたしもそのバンドっぽくなさが受け入れられなかった人ではあるから)。それはそれ。これはこれ。最初から最後まで一つの物語みたいに楽しめるエンタメ性溢れるアルバムになっていると思います。まさにザ・セカオワ。リリースまでの2年7か月が凝縮されているだけあります。

イメージとしてはね、真夜中、どこか知らないファンタジーの世界に迷い込んで、ひたすら遊んで遊んで…夜が明ける頃現実世界に帰る、みたいな。こう、一晩中ゲームしてるって感じ笑 m1.the bellの鐘の音で始まって、m13.Dragon Nightで終わるのがすごく心地よいんです。

それぞれの曲の中に、音がい〜っぱい詰まっていて、いろんな世界を見せてくれるというか。そのさっき言った真夜中の旅の途中で、新たな土地に降り立って、ポップだったりキュートだったり。ダーク、シリアス…新たなセカオワメロディーを体験(=PLAY)していくような、そんな気持ちになるんですよ。音楽の知識がないもんだから、どうしてもそういう表現に頼ってしまうのだけど笑 でも聴いた方はおわかりかもしれませんが本当にそんな感じです。

今回は大まかな感想を書きましたが、もうちょっとじっくり聴いたらまた曲のこととか突っ込んで書きたいと思ってます。

 

Tree(初回限定盤CD+DVD)

Tree(初回限定盤CD+DVD)

 

 

 

広告を非表示にする