すごい音楽

音楽ネタ中心

上半期観たライブの話

もう8月になってしまったが、そういえば今年は去年以上にライブに行っているなあと思い、少しまとめてみることにした。4月から新しくラジオの仕事をはじめて、それでってのもあるんだけど。印象に残ったライブは下記の3つ。※一部ネタバレを含みます。

 

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016代々木第一体育館

ひとつ前の記事でも書いたように、ずっと「CDや映像の中だけの人」だと思っていたのに、まさかの復活!でも正直、復活初日となったライブ当日(5月11日)は興奮状態で、とにかく衝撃的であんまり内容を覚えていなくて。その後実は、7月にもう一度大阪に観に行っているんだけど、そこではじめてちゃんと楽しむことができたように感じた(むしろ下半期にも食い込みそうだ笑)。ライブ行ってからも曲聴きまくっていて、むしろ昔よりも好きになっているんじゃないかなと思う。本当に復活してくれてありがとうとお礼を申し上げたい。

 

銀杏BOYZ 世界平和祈願ツアー 2016@Zepp DiverCity

https://www.instagram.com/p/BG9T2J4hmv6/

ここ1〜2年で銀杏BOYZは時間が許す限り観に行っていたけど、ワンマンはこれがはじめて(6月22日)。前から数列目をゲットして、これはいい感じだと思ったら開始数曲目であまりにも激しすぎて「もう無理だ・・・」と思い、泣く泣く後ろへ。う、後ろのほうがよく見えるじゃんかよ!暴れるよりもしっかり曲を楽しみたかったので。上半期1番激しかった!峯田さんの歌う「骨」がポップすぎて、なんだか浮いてたけど、わたしはその曲すごく好きだから聴けて嬉しかった。隣にいた女の子が「漂流教室」で号泣してて、ステージに向かって「こんなかわいい子があなたの歌で泣いていますよ」と伝えたい勢いだった。そんなわたしも次の「東京」で一気にドカーンと来てしまって・・・よくわかんないけどあの曲はダメだ。泣かせるね。

今までダイブしている人に、うらやましい!とかやってみたい!とか一度も思ったことなかったのに、このライブではじめて「ダイブすると違う世界に行けるかもしれない・・・」と思ってしまった。実際女の子でもしてる子いたし。銀杏BOYZのライブは、ステージにいる峯田さんとの闘いだ。こんなこというのもアレだけど、まるで「◯◯◯◯している」ように感じたライブは生まれてはじめてだった。音楽で「◯◯◯◯」。この気持ち、わかる人いるだろうか・・・。そういった意味では、THE YELLOW MONKEYも性的にかなりくるんだけどね。

 

★back number tour2016 ”ミラーボールとシャンデリア”幕張メッセ

https://www.instagram.com/p/BGy7S-3hmvd/

わたしは一体何が好きなんだと言われるくらいジャンルが幅広いんだけど、どれも言えるのは歌詞がどれも日本語が多くてドラマティックだったり文学的だったりするものが好きなんだと思う・・・と弁解したところで、イエモン、銀杏からのback number。

半年前から楽しみにしていたこのライブ、実は2日連続で行ってしまった・・・!2日とも同じセットリストだったにもかかわらず2日とも「クリスマスソング」でウルってきてしまうこの単純さ・・・ちょうどこの「クリスマスソング」が似合う時期、いろいろあったなあとか思い出したらなんとも言えない気持ちになった。「クリスマスソング」も「ヒロイン」も完全冬の曲だけど、全然冬じゃなくても聴けちゃう感じわかるかね・・・。

1日目のMCでは、幕張メッセでの公演とあってか思うところがあったらしく、ついつい本音というかわりとネガティブ発言が多かった依与吏さんだけど(2日目はそんな感じはなかった)、実はその感じが好きだったりするのでいつまでも卑屈なままでいてほしい。

ちなみにback numberでは性的な興奮は覚えなかったけど笑、終演後とてもさわやかな気持ちになれるいいライブだった・・・。

 

本当は行ったライブ全部感想書きたいんだけど、ナタリーばりの知識もライティング力もないのでこういう感じになってしまうのである。あと、思ったんだけど、本当に本当に好きなアーティストは自分の主観がガンガン入ってしまって感想が書けない。特にGLAYは・・・。将来どこかでライブコラムでも書けたらいいなあと思うけどまだまだ精進が足りなさそうである。

 

広告を非表示にする

今月観たライブの話 〜THE YELLOW MONKEY復活〜

https://www.instagram.com/p/BFRLjMlBmuj/

ちょっと前の話になるけれど、THE YELLOW MONKEY代々木第一体育館。今年の1月に発表された時からずっと楽しみにしていた。運良くツアー初日のチケットが取れたんだよな。「一体1曲目に何を演奏するのか!?」で話題になっていたあの日。

会場に入ると、ステージ上の幕?スクリーン?に開演時間19時までのカウントダウンの数字が表示されていた。基本的にライブは押すものだと思っていたけれど、今回はライブ中継することになっていたし、「本当に」始まるんだとそれだけでもワクワクする。19時まであと10秒・・・会場内でカウントダウンが始まる。「本当に」本当なのだ。

そして19時!SEから・・・ジャカジャーン〜そのイントロを聴いた瞬間にうわああああっていう歓声が会場内に響き渡る。そう「プライマル。」のあのイントロ。今、思い出しただけでも鳥肌が立つし、涙が出そうになる。それだけ衝撃的だったのだ。

THE YELLOW MONKEYは、GLAYのファンになるもっと前、中学生のころから実は好きで、おこづかいでCDなどを買ってはいたものの、結局ライブに行けないまま解散してしまって、わたしの中ではずっとCDや映像の中だけの存在だった。それがまさかまさか活動を再開させるなんて!中学生の自分に頑張って生きてればライブ観られるよ!って伝えたい笑。あの曲もあの曲も!ラストのあの曲まで・・・本当に素晴らしい2時間50分だった。

今、流行っているロックもいいけれど、ザ・エイトビートのロックを聴いていると安心してしまう自分。これこれ、これを欲していたの、と体がものすごい勢いで彼らのエネルギーを吸収していく感じ。吉井さんがMCで「また活動を続けさせてください・・・」と言った時はジーンとなったな。一時的な復活ではなく、今後もずっとバンドとして活動していくみたい(フェスも出るし・・・)。

またライブに行けますように。

 

広告を非表示にする

今までの「ファンタジー」を期待してはいけない…!おごそかに楽しむオトナのSEKAI NO OWARI「THE DINNER」

https://www.instagram.com/p/BDaogjshmgi/

SEKAI NO OWARI「THE DINNER」幕張メッセ公演に参加してきた。ネタバレを大いに含むので、すでに参加した人、気にしない人だけ読んでほしい。

毎回会場に入るたび、ステージのセットには本当におどろかされるが、今回は中央に一軒の家が。どうやら森の奥の奥にひっそりと建っているみたい。今までの世界樹やTwilight Cityの世界観に比べると、だいぶコンパクトな印象だが(いやいや、会場内に一軒の家が建っていること自体じゅうぶんすごいんだけど)、ここで何かが起こるんだろう、どんな仕掛けがあるんだろう…と開演前からワクワクさせてくれる。

2次元から3次元へ…オープニング映像を飛び出し「本当の」車に乗って一軒家にたどり着いたメンバー。これまではダークな世界も見せつつ、でもファンタジー、ポップも併せ持つ「楽しい」セカオワワールドだったのが、「ANTI-HERO」で静かに始まった今回は、どうやら雰囲気が違う。とにかく「静か」、とにかく「暗い」のだ。ガンガンアガる!っていうより、しっとり、じっくりセカオワのメンバーが提供する1曲1曲をじっくり噛み締めながら聴くというか。ノリノリを期待して行った人はもしかしたらちょっと戸惑うかもしれない(特に子どもとか…)。わりと大人しい曲が多かったので、不完全燃焼のまま終わってしまった感はあるけれど。

ところで…とうとう!?有料化になった例のスターライトリング、身につけている人もたくさんいたけれど、正直つけてなくても楽しめると思う。昔はライブにおいてスターライトリングの効果による盛り上がりの部分が重要視されていたのかもしれない。でも、なくたってじゅうぶん楽しめる演出になっている。そこに重きを置く必要がなくなったのかなあと勝手に思っている(転売問題もありつつ)。その証拠に「Dragon Night」でもリングは点滅しなかったし(曲紹介も随分あっさりだった)、ライブの定番曲「虹色の戦争」は今回やっていなかったほど。

だからといってパワーダウンしているわけでは決してなく、例の一軒家を使ってのパフォーマンス、「THE DINNER」と題するにふさわしい、観客を巻き込んだ、まさにファン悲鳴モノの演出などセカオワにしかできない驚きの仕掛けがいっぱいなので、五感をフルに使って堪能できるのは言うまでもない。前菜からデザートまで、彼らがもてなすフルコースを、ストーリー仕立てで楽しむような2時間だった。

ごちそうさまでした。

 

 

広告を非表示にする

「愛地獄」先行上映で見つけた地獄

https://www.instagram.com/p/BCAxy9khmsH/

来月発売の銀杏BOYZのライブ映像「愛地獄」。この先行上映がポレポレ東中野という映画館で行われるということで初日のきのう、早速会場まで足を運んできた。

内容に関しては、これから観る人もたくさんいるから省くけど、峯田さんがセレクトした印象に残ったライブが3本、ほぼノーカットで収録されている(時々入る謎の「日常」ショットの意味を伺いたいところではある)。

実は4人体制でのライブを観たことがなく、3人が脱退してからファンになった珍しいタイプの人間なので、わたしがこの目で、生で観ることができなかった4人の姿を大きなスクリーンで体感することができてすごく嬉しかった。峯田さんは、3人へのはなむけ、と言っていたけど。愛があっていいなあ。

それと映画館で観る意義としては、4時間30分がいろんな意味で壮絶だろうなっていうのはなんとなく観る前から想像できていて、いきなり自分の部屋の日常的な空間で、一人で最後まで観る勇気というか体力に自信がなかったのである。峯田さんは別にどうやって観てもいいですよとか言いそうだけど、なんとなくお菓子をボリボリ食べながら観るもんでもない気がして。そういった意味で、別にお客さんの誰かと話したわけでもなんでもないけど、観に来ている人は結構なファンだろうから、大勢で一緒に観ることができてよかったなと思っている。だって、アフタートーク含めたら約5時間、みんなそれなりに覚悟して来てるわけでしょ。

峯田さんはアフタートークで「ステージの上の自分はコピーロボットみたいなもんで…」と言っていたように、普段の彼とステージの上の彼におそろしいほどのギャップがあるというのはなんとなく容易に想像できる。

過去にいろんなところで書いたように、汗、血、唾液、その他全身から出る水分という水分を全身から発してステージでパフォーマンスしているその姿。バンドのことをよく知らない人がうっかり何かのタイミングでこの映像を観たら「気がふれている」「なぜこの人たちはこんなに死に急いでいるんだろう」って思うかもしれない。昔のわたしも思ってた。ところが、駆け抜けて、ひたすら駆け抜けて「生き急い」だ結果があれだった、そんなことに気づかされる。こう、どうしても瞳の「純粋さ」は嘘つけなくて…真面目な人がやる「スイッチの入れ方」なんだよね。根が真面目な人って0か100かみたいなところあるからさ、わたしもそういうところあるけれど、適度な感じがわからず、ああなる笑。

その一方で、わたしが一度コピーロボットの本体…に近いと思われる部分(楽屋だったから)でお会いした時はとても冷静で、ライブの中のことについて触れてはいけないのではないかと思わせるくらいのオーラだったことをよく覚えている。ネットとリアルの性格が違う…ってのに近い感覚かも。なんかこう、言葉にはできないクレバーさが見え隠れしているというか。とはいえわたしもほぼコピーロボットの彼しか見ていないわけだから、本人に言わせてみれば「勝手に分析すんな」ってとこだろうな笑。コピーロボットの話は自分でもよく言い表せないと言っていたけれど、でもわたしもなんとなくその気持ちはわかるなあ。わたしの場合は、最近コピーロボットを起動するのすら億劫になってしまったけれど。本当に、峯田さんには聞いてみたいこと、いろいろある。

1日たった今も、なんだかまだ「愛地獄」の中でフワフワしてる。やわらかい地獄って、こおゆうことだったのか。

 

広告を非表示にする

ぺらぺらの音楽人生も振り返ってみるとそれなりに面白い②

https://www.instagram.com/p/BBNgjHehmt5/

「#私を構成する9枚」邦楽編。色々迷って、やっぱり昔から好きなのには勝てないなあと思っていたけど、そこにback numberが入っちゃうから今すごくハマってるんだと思う。落としたものだと175Rキュウソネコカミクリープハイプ、そしてGacktがいた時代のMALICE MIZERとか笑。今改めて振り返るとGLAYがわたしに与えた影響は本当に大きい。

 

https://www.instagram.com/p/BBJcjSGhmkb/

globeは生まれて初めてライブを観に行ったアーティストだ。CDに心があるなら毎日毎日酷使してごめんと思うくらい聴いていた。1stだけじゃなく2nd、3rdもすばらしくて、こんなヴォーカルを超える人はいないんじゃないかと子どもながらに思っていた。

山口百恵中森明菜ちあきなおみ中島みゆきってスナックのかおりがプンプンするんだけど、このラインって好きな人は本当好きだよね。お気に入りの曲はどれもわたしが生まれてないころに発売されたものばかりで、ちょっとだけこのころを見てみたかったなと思う。

その他中島みゆきの流れではあるけれど工藤静香や、the brilliant green矢井田瞳木村カエラをよく聴いていた。そう思うと今はあんまり女性ヴォーカルの曲聴いてない。パスピエくらい?女性のくせに女性の歌詞に共感できないんだよなあ。

 

広告を非表示にする

ぺらぺらの音楽人生も振り返ってみるとそれなりに面白い

https://www.instagram.com/p/BBGxKXthmoX/

ぺらぺらだから公開するのも恥ずかしい…と思いつつ、流行りの「#私を構成する9枚」。今までの人生を9枚なんかにまとめられるわけもなく、結局洋楽、邦楽男性Vo.、邦楽女性Vo.の3カテゴリーにわけて作ってみた。

わたしは自己申告しちゃうけど、邦楽もただでさえそんなに詳しくないのに、洋楽ときたら…この有様である。ハッシュタグでたどれば半分くらいかぶっちゃう人も多数いるというラインナップになってしまった。本当はレディオヘッドも入れたかったんだけど、最近ウィーザーのほうが聴いてるなと思い泣く泣く落とす結果に。

今だったら仕事中とかに流して聴いたりするけど、昔はまったくわからなくて、それこそ「ジャケ買い」する勇気もお金もなく、とにかくGLAYのメンバーがラジオなどでおすすめしていた曲ばかりを聴いていた。昔からのファンの人がこれを見たらきっとニヤニヤするに違いない。もはや「大切なことはすべてGLAYが教えてくれた」状態。

勝手な思い込みの部分もあるけど、やっぱり洋楽って歌詞の意味がわからなくて、それでどうしていい曲だと思えるんだろうっていう疑問が常にあった。ってか今もある。昔から技術的なことよりもどうしても歌詞の意味を重視してしまう傾向があって。邦楽でもひたすらノリだけ、とか、英語使いまくりの曲はなんだかやっぱり、刺さらない。そういった意味では、ビートルズやオアシスなんかは歌詞の意味なんかわからなくてもめちゃくちゃいい曲だと思って聴いていたので、言葉とか関係なく、そのメロディーやアーティストのもつ世界観に惹かれて全人類に届く音楽ってなんか素晴らしいと思う。

 

広告を非表示にする

私を構成するミスチル愛の歌9曲

f:id:sugoi_elizabeth:20160128160323j:image

何やらインスタで「私を構成する9枚」というハッシュタグが流行っているようで、わたしどれどれと選んでみたのだけれど、わたしの音楽人生、あまりにも薄っぺらくて、なんだか人に見せるまでもないと、投稿は心の中だけに留めておいた。わたしを知っている人ならどれ選ぶかわかるだろうし、そこに意外性はあまりない。

そこで。選んだものを「ミスチルの曲」に限定してみてはどうかと9曲選んでみたが、もっとくくりがほしかったので「愛の歌」限定で選んでみた。愛の歌を選んだのはなんとなく自分のミスチル人生の中でよくも悪くも恋愛がからんでいることが多い気がするから。

 

#私を構成するミスチル愛の歌9曲 ※順不同

運命('15)スタジアムツアーですごく好きになった。桜井さんの描く「カワイイ」が溢れている。これ系統?で「I'm talking about Lovin'」と実は迷った。

車の中でかくれてキスをしよう ('92)「抱きしめたい」よりこっち派。

しるし('06)ドラマが印象的だった。

Sign('04)とても思い出深い。「HOME」のスタジアムでそう言ってたこともあり、わたしの中で「口笛」と対になっている曲。

口笛('00)私情もあり、ライブで泣いてしまう曲ナンバーワン。

CANDY('05)恋をすると必ず聴きたくなる。だめだって思いながら、また好きになっちゃったなって。でも好き。気付かせたのは君。

隔たり('05) あれから10年、男と女の距離は0.04ミリ縮まった…のか。「62円の値打ちしかないの?」と同様に時代を感じる。

つよがり('00)とてもとても思い出深い。

クラスメイト('94)わたしは学生時代、女子校でずっと過ごしていたので、こういう経験はできないんだろな…と思いながらカセットテープで繰り返し繰り返し聴いていた。

 

こう見ると、タイトル通り「I♡U」最強説が。「僕らの音」も好きなんだよなあ。時々「思い出深い」しか書いていないのは、完全私情がからんでるから笑。そもそも200曲以上ある中から簡単に選べるわけがなく…というかベスト5くらいまでは浮かぶけれど、意外と残りの4曲を選ぶのが難しかった。しかも後から「これもあったよな!」的なのが続々と出てきて、本当に9曲に収めようとすること自体がナンセンスな気がする。

 

 

 

広告を非表示にする