すごい音楽

ライブを観たときの話とか。

2018/09/23 きのこ帝国 New Album 『タイム・ラプス』Release Party

https://www.instagram.com/p/BoEudigh3eg/

きのこ帝国のニューアルバム『タイム・ラプス』を引っさげてのライブ。以前の記事にも書いたように、これまで淡々とした感じの曲(あくまでもイメージ)があまり受け入れられなかったのだけれど、このアルバムを聴いて、なんだかごめんなさいという気持ちになった。こんなにも激しい音がぶつかっていたなんて。表題曲の「金木犀の夜」はとても気に入っていて、もはや冒頭、中盤、ラストの3回くらい聴きたかったほど

「エモい」。このライブでも何度も出てきた言葉だけれど、まさに「エモい」が似合うバンド。ライブハウスだからといってノリノリ、というわけではなく、客はじっくりとその「エモい」世界に浸る。アルバムの曲と、過去の名曲と。まさに今のベストオブきのこ帝国なライブだった。

きのこ帝国ってひとつの色で例えられない感じがいいな。深い青とかピンクとか、いろんな色が混じっている感じ。

 

タイム・ラプス(通常盤)

 

 

きのこ帝国のニューアルバムが刺さる

タイム・ラプス(初回限定盤)

きのこ帝国のニューアルバム「タイム・ラプス」がぐいぐい刺さっている。個人的に、あの淡々としたサウンドがあまり好みではなかったけれど、推し曲でもある「金木犀の夜」のサビの部分にかけてのドラマティックな展開にぐっときてしまったのだ。なんかこう、より深みが出たというか。この時期、何度もループして、不思議な世界に漂いたくなる。

そのほか「夢みる頃を過ぎても」や「中央線」「カノン」もよかった。

 

www.youtube.com

 

2018/09/09 Mrs. GREEN APPLE ENSEMBLE TOUR ~ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ~

https://www.instagram.com/p/BnhpZD0lKKj/

ミセスのツアーファイナル。いやいやとんでもないことになってました。アルバム『ENSEMBLE』のジャケットの世界をそのまま再現したような、完全なるエンターテインメント。ジャケットの、扉の向こうに広がる世界が、多分、昨日わたしたち観客が観たステージ。前回ワンマンを観たのはいつぞやの国際フォーラム(「鯨の唄」が出た頃?)だったんだけど、その頃とははるかにパフォーマンスもMCもすべてがパワーアップしていて、とても結成5年とは思えない貫禄と、そして、歌・楽曲・ダンス(!)と、大森さんの才能にただただ驚かされたのでした(本当に21歳なの!?)。

失礼な話、どうしても似たようなパターンの楽曲が多くなりがちなバンドもある中、ミセスの場合、ロック、ポップス・・・アレンジ含めいろんなサウンドにチャレンジしていて、とにかくバリエーションが豊富で飽きさせないというか。そこに至るには、終盤のMCにもあったように、大森さんの中で色々と苦しみがあったに違いないけれど、それを乗り越えられる人って早々いないと思うから、全然間違ってなんてない。

アルバム含め、最近の「Love me, Love you」「青と夏」は特にお気に入りで、結構聴いていた身としてはそれが聴けるだけでありがたい気がしたけど、この日は、未発表曲含め新旧バラエティに富んだ約30曲を披露。まるでベスト盤を出したかのようなこれまでの集大成ともいえる3時間だった。

 

【Amazon.co.jp限定】ENSEMBLE (初回限定盤)(DVD付)【W特典:A4クリアファイル、オリジナルポスター(B3サイズ・Amazon.co.jpオリジナル絵柄付)】予約締切2018/03/25(日)まで

 

2018/09/01 SWEET LOVE SHOWER 2018 2日目

https://www.instagram.com/p/BnMHHgGFYoY/

行って来ました、今年で2回目のラブシャ。この日は最近別ライブでも何度か観ているアーティストも多く、おめあてはsumikaくらいだったので、無理なく自分のペースでゆったり楽しんでいたという感じ(歳ですかね…)。

あまり普段わたしの聴くジャンルではないので、ホルモンはほぼ初めてだったんだけど、ナヲさんのMCにいたく感動してしまった。多少お下品なことを言っても(失礼!)なぜかお下品に聞こえない!しかもママ!!カッコいい!!!個人的に働く女性の理想が詰まっている気がする。また新しいCMのオファーがありますよう。

ORANGE RANGEクラスのベテランになると本当に盛り上げ方が上手くて、そういうところばかりを見てしまう。曲も「上海ハニー」とか「イケナイ太陽」とか知ってる曲もちりばめつつ、新しい曲も上手に乗せて味方にする。何よりも沖縄(カチャーシー)の力強し。盛り上げ方と言えば、sumikaの片岡さんもすごい好きだな。あったかいのに、情熱的なとこ。とても5年とは思えない貫禄。フレデリックも最近すごく雰囲気が変わって来たように感じる。とてもいい意味で飄々とエモいのだ。

夏の終わりの夜に聴いたNulbarichがとても心地よかった。

 

ファンファーレ/春夏秋冬(初回生産限定盤)(DVD付)

2018/08/25 GLAY × HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3

https://www.instagram.com/p/Bm6Aok8lYHZ/

ハイ!この週2度目のGLAYです!!わたしにとっては5年ぶりの函館。カンのいい方ならすでにおわかりでしょうが、以前函館を訪れたのもGLAYのライブででした。初日となった25日(土)は、数日前から台風19号&20号の接近が心配されていて、前日の夜に函館入りした時もとんでもない大雨と風が空港でお出迎えしてくれて、これはYAVAI! YAVAI! カナリ YAVAI!状態。なんとか翌日は大雨はおさまったものの、空はどんよ〜り。時折ものすごい晴れ間が差し込んだり、突発的に雨がふったり、まさに不安定なお天気の中、ライブはスタートしたのでした。

最初は雨がぱらついていたけれど、途中から青空が広がってきて。会場の周りだけいいお天気に。前回のライブでの豪雨もいい思い出っちゃ〜いい思い出だけど、やっぱりいいお天気で楽しみたいっていうのが本音。TERU曰く「晴れの神様に予約してきた」だけありました。

ライブでは、地元の函館でライブができることへの感謝を何度も伝えている姿がとても印象的で。こんなに函館を愛し、函館に愛された男たちがいるだろうか・・・と思ってしまったほど。「GLAYを函館で観るっていいですよね。サザンを茅ヶ崎で聴くみたいなもんですよね(…って茅ヶ崎で合ってる?)」なんて言ってたけど、自分の地元でファンや地元の人たちに囲まれてライブができるってどんなに幸せだろうかとしみじみ噛み締めていました。

わたしは仕事の都合で初日しか観られず、しかも飛行機の都合で最後まで観られなかったのだけれど、それでも!本当にその場にいられただけでとてもありがたかった。まあ、品川も1日参加しているので、実質2日間参加!?演奏曲もほぼ網羅しているはず。。。そしてすべての曲でリリース年と歌詞がモニターに表示される優しさよ。

「みんなに会えて本当によかった、生まれが函館で本当によかった」とMCでTERUが言っていたけど、ホントこちらこそありがとうと伝えたい。今回は本当にほぼライブのためだけに函館に行ったので、次回行くときはもっとゆっくりしたいなあ。

帰りの飛行機では、今回のライブぶっちぎりナンバーワンの「SAY YOUR DREAM」を聴いて過ごしました。シングル曲とはいえ、一般的にはあまり知られていないかもだけど、名曲にもほどがある。

また函館であいましょう。

 

SAY YOUR DREAM