すごい音楽

ライブを観たときの話とか。

2019/02/20 TAKURO「Journey without a map Ⅱ」トーク&アナログ盤先行試聴イベント@YouTube Space Tokyo

https://www.instagram.com/p/BuGusfBBdEG/

これは、27日にリリースされるソロアルバム「Journey without a map Ⅱ」のアナログ盤の先行試聴と、本人のトークが楽しめるイベント。進行は、マキタスポーツさん。六本木ヒルズの29階にあるYouTube Space Tokyoというおしゃれなラウンジみたいなところが会場だった。

GLAYとの曲作りの違い、レコーディングやMV撮影の時の話はもちろん、(セルフカバーが収録されている)「鼓動」ってちょっとかわいそうな曲じゃない!?って言ってみたりとか、ジャケットの話だったり、GACKTから「タキビスト」と呼ばれていたり、なんて話も。ちょっとこう、ユーモアを交えた話し方が、わたしはやっぱり好きだな。今回はライブではなく、トークメインなので、どうしても声、話し方、内容にフォーカスしてしまう。タクローは楽曲、性格、見た目、全部好きなんだけど笑、好きになったきっかけがやっぱりラジオの「トーク」だったりするので、今日、久しぶりにじっくり話を聴いていて、それがわたしのトークの原点にもなっているなあってちょっと思ったりした。

印象的だったのは、ソロをはじめたきっかけとして、30代後半から40歳にかけて、今の自分のギターのレベルでは、他のメンバー3人に置いていかれる、と危機を感じたこと。若い頃は勢いでやっていけるところもあるけれど、30代で下手な俳優はいない、と。本当に教則本を買ってギターの練習をし直した、かどうかはおいといて、タクローみたいな人でも、そういう風に思うんだなって。

 

【早期購入特典あり】Journey without a map II(アナログ盤)(オリジナル“Journey

ジャケットの女性は、あの人みたいだな、ってずっと思ってたら、やっぱりそうだった(絵だったのにビックリ!)。アナログ盤欲しくなった。

 

2019/01/15 銀杏BOYZ「世界がひとつになりませんように」@日本武道館

https://www.instagram.com/p/BsqJO08BF6A/

2019年ライブ初めにして、銀杏BOYZ2度目の武道館公演は峯田さんの語りから始まった。「1月15日は自分にとって誕生日でもあり、葬式でもあり、結婚式でもある」と。そして「あけましておめでとう」って。そして「生きたい」で弾き語りを始めると、後半でバンドが加わりどかーんと爆発する。怪我とかできないだろうけど、武道館だからいろいろあるだろうけど、そこにいるのはいつもの峯田さんだった。汗と、ヨダレと、しょっぱなからもうダラダラで。なんかほっとした。

新曲「GOD SAVES THE わーるど」含め、これまでの過去の曲を惜しみ無く披露する。そして、前回の武道館公演で反省したという「MCでしゃべりすぎ」も相変わらず。でもどれもとてもいい言葉だったなあ。一番印象に残っているのは、もう、バンドを辞めようと思ってスタジオを飛び出して乗ったタクシーでのこと。そのカーラジオから聴こえてきたのが、RCサクセションの「スローバラード」だった。そういえば、前回の武道館のエンディングで流れていて、しんみりとした気持ちで会場を後にしたのを覚えている。その時、ボリュームいっぱいあげてください、ってお願いしたらしい。環七を走りながら、窓の外を観ながら、「スローバラード」を聴きながら。峯田さんは何を思ったろう。誰にでもそういうことってあるんだなって。

その後、亡くなった事務所の社長さんの話がありつつ、満を持して披露された「スローバラード」のカバー。この曲を、峯田さんに歌い続けていってほしいなあ。

話によると、峯田さんは今でも普通に電車に乗っているらしい。普通でいたいからって。すでに普通の存在ではいられない気もしなくもないけど、でも、その気持ちはわかるなあ。そういう気持ちを持っているところが好きだから。あと、曲を作った人が裏でどんなことをしていても、生まれたラブソングには罪はないっていうの。わかる。でも、そこからの「恋は永遠」は卑怯だ!ある意味!!どんな顔して聴いたらいいの!!!

今回のグッズに背番号10番のサッカーシャツがあった、ということで、まさしくこの日の銀杏BOYZは、音楽界の日本代表だったと思う。タイトルは「世界がひとつになりませんように」だけど、確実に武道館の中はひとつになってたな。あっという間の3時間だった。

残念ながら!?今回のセットにはブランコはなかった・・・終演後、「帰れない二人」(先日ラジオでかけてましたね)を聴きながら、また1月に同じ場所で「あけましておめでとう」と言えますように。そう思った。

 

恋は永遠

 

 

CDJ18/19まとめ

f:id:sugoi_elizabeth:20190103010209j:plain

COUNT DOWN JAPAN、なんだかんだで初めて4日間行ってしまった。1日の滞在時間が少なかったので、数的にはそんなに観られなかったけど、なんども観てる人からはじめましての人まで。今回は、正直本当に超お目当ての人がいるわけではなかったので(いたんだけど仕事の都合で観られなかった泣)、どちらかというと、これまで気になってた人を観たほうが多かったかな。ひとつひとつ書くと大変なので、全部まとめて、印象に残ったアーティストベスト5を。

 

あいみょん(28日)@GALAXY
2018年ブレイクした人といえば・・・この人、ということで、話題の人観たさに多くの人が集まっていた。なんだかんだで「君はロックを聴かない」の切なさにぐっとくる。最新曲みたいにドラマの主題歌に使われるような曲もいいけど、個人的には、昔の中島みゆきのような怨念こもった歌詞の曲のほうがすきだけどね。

 

Official髭男dism(31日)@COSMO
髭男はようやくちゃんと観ることができたアーティスト。ラストに持ってくるかと思いきやいきなり「ノーダウト」。ピアノをしっかり聴かせる曲も、そして超ロックな曲も歌いこなしてるし、曲もバラエティに富んでて30分のステージは正直物足りなかった!

 

Mrs. GREEN APPLE(28日)@EARTH
本当に大森さんは弱冠20歳なんですかと確認したくなるくらいのパフォーマンスだった。9月に観た、エンタメ性満点の幕張の単独ライブとは違って、ちゃんと曲を聴かせるぞ、という意思が感じられた。一番大きいEARTHステージでも、だからこそ?とびっきり輝いてた。

 

打首獄門同好会(29日)@GALAXY
知ってる曲は「日本の米は世界一」と「きのこたけのこ戦争」のみの初心者のわたしが40分間ステージに釘付けになってしまった。全曲、曲に合わせたムービーがあるので(歌詞つき)、初心者にも大変優しい。音源で聴くよりとにかく生で観ろ!!!と言いたい。そして今話題のjunkoさん、やっぱり還暦には見えなかった・・・タンクトップで金髪振り乱して激しい演奏してかっこよすぎるでしょ!あんな大人になりたい。

 

SUPER BEAVER(31日)@GALAXY
絶対好きだってわかっているのに今までタイミング悪く一度もライブを観たことがなかったアーティスト。結論からいうと、やっぱ好きだった。曲を聴いた印象にとどまらない、客の煽り方・パフォーマンス・・・とにかく溢れ出るもの、伝えたいものが凄まじかった。参りました。

 

というわけで、1位はSUPER BEAVERに。観たアーティスト、曲がいい、というのは当たり前だと思うので、その他のポイントとしては「熱量」と「貫禄」だと思う。ちなみに年越しは四星球(MOON)を選んだ。間違ってなかった。銀テ数分前に出すって笑。気がついたら2018年、四星球3回くらい観てたよ。今度は何が出てくるんだろうって毎回期待しちゃうんだよね。

 

2018年、数えてみたら45回もライブ行ってた。チケット、グッズ、遠征費用・・・総額は、聞かないで。もちろん時にはご厚意でライブを観せていただくこともあるけれど、でも、やっぱりちゃんとお金を出して観たいものを観たほうが自分のためになると思ってるから、できる限りのことはしたい。遠足同様、チケットを取って、準備から、当日、終演後、感想を胸いっぱいにとどめて家に帰るまでがライブなんだよなあ。今年こそは、ただのライブによく行っている人にとどまらず、音楽関係の仕事ができたらと思う。

 

2018年印象に残った曲

もう年越しちゃったけど。2018年リリースの曲で、印象に残っているのはどんな曲か、ふと考えたので書き出してみる。順不同です。

 

Official髭男dism「ノーダウト」

www.youtube.com

月9の主題歌になっていた曲。軽快な感じが好き。まだライブ観たことがないので来年はぜひ。

 

あいみょんマリーゴールド

www.youtube.com

去年ラジオで「君はロックを聴かない」を初めて聴いた瞬間にこの人は売れる〜と思ったものだけど本当に売れてしまった。イベントでしかライブを観たことがないので、ワンマンで観てみたい。。

 

Mrs. GREEN APPLE「Love me, Love you」

www.youtube.com

楽しいショーの幕開けって感じがして聴くだけでハッピーになれるような曲。幕張メッセで観たライブもとてもよかった。「青と夏」もすごかったし、才能溢れまくりだし、実は同郷出身ということもあり勝手に応援してるバンド。

 

④きのこ帝国「金木犀の夜」

www.youtube.com

今まであんまりこういうふわふわした感じのヴォーカルがあまり好きではなかったんだけど、この曲はじめ、アルバム「タイム・ラプス」がとってもよくて一気に好きになった。今までごめんなさいって思った。

 

⑤ハルカミライ「世界を終わらせて」

www.youtube.com

この曲を1度聴いただけで、ああ、もう好きだーって思ったバンド。この間初めて観たライブも全然期待を裏切らないかっこよさだった。最近こういうバンドいないよね。ほんと好き。

 

菅田将暉「ロングホープ・フィリア」

www.youtube.com

勢いがあってとにかくカッコいい!歌声だけ聴いていると菅田将暉感ゼロ。というかただamazarashi好き説。

 

藍井エイル「流星」

www.youtube.com

アニソンとしてはあまり詳しくないけど、復帰して、彼女のパンチのある歌声を聴いて、カッコいいな〜と思った曲。

 

King Gnu「Prayer X」

www.youtube.com

King Gnuはライブで聴いていいなって思ってファンになった珍しいバンド。今のところ2019年一押し。他の曲も何度もループして聴きたくなる中毒性アリ。残念ながら今のわたしの語彙力では彼らのカッコよさを伝えきれない。

 

SEKAI NO OWARI「イルミネーション」

www.youtube.com

一気にメジャーどころに戻った感あるけどせかおわはもともと好きなので。聴いているとあたたかい気持ちになれる曲。

 

⑩[ALEXANDROS]「アルペジオ

www.youtube.com

この間リリースされたアルバムめっちゃよかった・・・「ハナウタ」も相当好きなんだよなあ。で、迷って「アルペジオ」。

 

GLAYとかミスチルとかないじゃん!・・・って思うかもしれないけど、なんかもう、別物だから。あえてそれ以外のアーティストで選んでみた。意外な選曲? 想像通り? どうだろう。あとからこの曲もあった〜っていうのが出てきそう。

 

2018/12/20 アカシックワンマンツアー2018 POP OFF@渋谷ストリームホール

https://www.instagram.com/p/BrnDCR9BX__/

以前、番組のゲストにヴォーカルの理姫さんが来てくださったというご縁で、今回アカシックのツアーファイナルへ。配信リリース曲含むミニアルバム「POP OFF」からの曲はもちろん、過去の曲も織り交ぜた構成になっていた。個人的には最近の曲ではあるけれど「エリザベスロマン」や、本編最後に披露された「LSD」とかすごい好きで。終演後、ステージに一人残り、SEとして流れていた「LSD」に合わせてお客さんと歌う理姫さん。本当にこの時間が終わってほしくないんだな〜という気持ちが伝わってきた。

「これからもわたしたちの愛憎劇についてきてください」という言葉が印象的だった。エッ、ドロドロ!?

最初は少し緊張しているのかな、という印象だったけど「後半戦だー!」といってから一気にエンジンかかったみたいで超絶かっこよかった。ポップな曲も、ダークな曲も、激しい曲も遊び心のある曲も全部表現できるのが何よりの強みだと思うな。

 

エロティシズム