すごい音楽

ライブを観たときの話とか。

2018/11/12 銀杏BOYZ ツアー2018「GOD SAVE THE わーるど」@Zepp Nagoya

https://www.instagram.com/p/BqFQyjKBZdr/

11月にして今年初めて(で多分今年最後)の銀杏BOYZのライブは名古屋だった。なぜなら東京で取れなかったからだ。

ライブは去年の年末以来・・・ということで久しぶりに観て驚いたことがある。このツアーだけなのか、それとも最近ずっとそうなのかわからないけれど、峯田さんのライブのスタイルが随分と変わったように思う。ちょっと前だと、ライブの最中は完全に別人格で、その熱量とパフォーマンスである意味人が殺せるんじゃないかぐらいの勢いを感じていた。もちろん客席にダイブしたりマイクを額に打ちつけたりと今まで通りの部分もある。ただ、過去に武道館のMCで話していた、最初から最後までフルマラソンを全速力で・・・みたいな印象はあまり感じられなかった。どこか冷静でいる部分があったというか。そして、今年は映画やドラマの出演も多かった1年だったが、それもあるのか歌い方や表現も変化したように感じた。決してそれが悪いとかではなく、すごく余裕を感じたし、むしろ安心してライブを楽しめたというか・・・。 お前何様だよって感じで申し訳ないけれど、特に印象に残っているのが実はそこなのだ。とわたしと同じことを感じた人はどのくらいいただろう。アンコールで、BiSHのセントチヒロ・チッチさんの名前にうろたえつつ笑、「夜王子と月の姫」で演奏&コーラスをする雰囲気も、なんだか優しかった。

ちなみにセットリストは東京と変えていたようだ。名古屋の1曲めは「生きたい」。久しぶりに聴いたけど、アレンジも少し変わっていて、個人的には今のバージョンのほうが好みだった。

 

夜王子と月の姫 / きえないで

 

 

 

 

2018/11/10 スキマスイッチ SUKIMASWITCH 15th Anniversary Special at YOKOHAMA ARENA~Reversible~

https://www.instagram.com/p/BqAO8hLhZn2/

スキマスイッチの15周年記念ライブ。この日は、2人がセンター席とアリーナ席の間の通路を歩いたり、撮影OKにしたり、長めのMCがあったりと、ファンには嬉しいおもてなしがたくさん!!スマホを手にするお客さんがたくさんいたわけだけそれを見て「ばんばん撮って!」「モバイルバッテリーをグッズにすればよかったね・・・」なんて話す一幕も。「藍」から「奏」の流れはグッときたー!しかしそのあとのMCで「スキマスイッチで困ったこと」の話になり、大橋さんが「銭湯や温泉に行くとスキマスイッチスキマスイッチを見られてしまう・・・」というエピソードに全部持って行かれた笑。

それにしても、あんなにメンバーが近くにいるのに誰も飛びかかることなく優しく手を振ったりハイタッチをするスキマスイッチファンのマナーのよさに感動してしまった。わたしのご贔屓のアーティストでやってたらもみくちゃ&ライブ中断になること間違いなしである。

わたしは1日目しか見られなかったけど、1日目終わったあと、大橋さんから「Reversible、ということで実は2日目の本編のセットリストは1日目と逆になっているんです・・・」とアナウンス。1日目のラストは「全力少年」だったので、2日目は1曲目。2日連続で来た人はさぞかし驚いたに違いない・・・!

映像の演出だけじゃなくて、「Reversible」ってそういうことだったのか。ライブが終わった後もじんわりと心に残るような・・・多幸感溢れる3時間だった。

 

スキマノハナタバ ?Love Song Selection?

 

 

2018/11/07 桑原あいザ・プロジェクト「To The End Of This World」リリースツアー

https://www.instagram.com/p/Bp4WI2Rhvaw/

以前、ラジオにパーソナリティーとして出演してくださったジャズピアニストの桑原あいさんのライブ。8月にリリースしたアルバム『To The End Of This World』をメインにした90分。私は普段ジャズのライブを観ることはないのだけれど・・・こんなにも激しいなんて!桑原さんとピアノがおしゃべりしているいうか、お互いの才能がMAXでぶつかりあっているというか・・・そこにベースとドラムが加わって、曲をより深いものにしていた。あと、ラジオが2時間できちゃうくらいだから当然なんだけど、喋りも上手で、27歳にしてこの貫禄・・・見習いたい。ゲストでボーカルやラップ、ストリングスが加わったりと豪華な90分だった。

 

To the end of this world

 

2018/11/01 ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー 2018

https://www.instagram.com/p/BppDSBbBgtj/

更新をサボっていたわけではなく、最近全然ライブに行っていなくて、久しぶりのライブが!なんと!ポール・マッカートニー。ポールといえば、ビートルズビートルズといえば、わたしが好きなアーティストに多大な影響を与えたバンドで、洋楽に疎いわたしでも知ってる曲がたくさんある、数少ないバンド。ある意味、CDといったパッケージされたものの中でしか出会えないと思っていたのに、ソロという形ではあるけれど、ビートルズの代表曲をライブでたくさん聴けたのはわたしにとってはかなり衝撃的だった。衝撃的すぎて、なんか正直、うまく文章にまとめられない。「Love Me Do」とか「From Me to You」とか「Ob-La-Di, Ob-La-Da」とか「Back in the U.S.S.R.」とか!たまらん!

まず「Let It Be」でもうかなりキテたんだけど、特に本編ラスト「Hey Jude」の大合唱は一生忘れられないと思う。スマホのライトを揺らしたりだとか、アリーナ席の人が「Na Na」と書いた紙を掲げてたりとか・・・その光景だけで、なんかこう、胸にグッとくるものがあって。こんな素晴らしい曲を、こうして今、一緒に歌えていることがすごく嬉しくて、とにかく涙が止まらなかった。国とか言葉とか時代とか年齢とか一切関係なくて、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしいと感じた瞬間である。

ちなみに、新作も聴いて行ったので「Who Cares」とか、「007」シリーズが好きなので「Live and Let Die」とか聴けて嬉しかった〜。日本語を交えたMCも多かったし、ジョンやジョージのエピソード、お茶目な動き・・・「Eleanor Rigby」の出だしでミスした時は「これがライブだってわかったでしょ?」って笑。とにかくもう、笑って、泣いて、とても楽しい2時間半だった。また観に行く機会がありますよう。

 

エジプト・ステーション(初回生産限定盤)(特殊ソフトパック仕様)

 

2018/09/23 きのこ帝国 New Album 『タイム・ラプス』Release Party

https://www.instagram.com/p/BoEudigh3eg/

きのこ帝国のニューアルバム『タイム・ラプス』を引っさげてのライブ。以前の記事にも書いたように、これまで淡々とした感じの曲(あくまでもイメージ)があまり受け入れられなかったのだけれど、このアルバムを聴いて、なんだかごめんなさいという気持ちになった。こんなにも激しい音がぶつかっていたなんて。表題曲の「金木犀の夜」はとても気に入っていて、もはや冒頭、中盤、ラストの3回くらい聴きたかったほど

「エモい」。このライブでも何度も出てきた言葉だけれど、まさに「エモい」が似合うバンド。ライブハウスだからといってノリノリ、というわけではなく、客はじっくりとその「エモい」世界に浸る。アルバムの曲と、過去の名曲と。まさに今のベストオブきのこ帝国なライブだった。

きのこ帝国ってひとつの色で例えられない感じがいいな。深い青とかピンクとか、いろんな色が混じっている感じ。

 

タイム・ラプス(通常盤)